ポーの一族1巻(ネタバレ)連載が復活したので懐かしくてポーの一族を読み返してみた

当ページのリンクには広告が含まれています。

ネタバレあります、ご注意ください

目次

ポーの一族とは

作者 萩尾望都

1972年(昭和47年) 別冊少女コミック3月号に初めて掲載。

その後、断続的に連載を継続し、1976年(昭和51年)6月号で最終回を迎えたはずだったのですが、

月刊フラワーズ2016年7月号で再始動。

バンパネラ(吸血鬼)のお話です。

昭和47年、小学生3年、リアルタイム世代です。

夜窓を開け、エドガーが来て、バンパネラに誘ってくれるのを待っていました。

15歳になる時には、これでエドガーよりも年上になってしまうと悲しんだものです。

この年になり、読み返してみて、もう窓は開けないけど、そのころの思いがよみがえります。

今は単行本での順序になりますが、ネタバレ、あらすじ行きます!

ポーの一族

もうここではエドガー(主人公)とメリーベル(エドガーの妹)はバンパネラになっています。

養父母のポーツネル男爵夫妻とポーの村を出て都会へ行くところから物語は始まります。

バンパネラ→吸血鬼、人の生き血を吸って生きていくもの。

ただ、一般的な吸血鬼とは少女漫画なので、少し設定が違います。

日光にあたっても大丈夫です。

普通に学校にも通えます。

メリーベルは体が弱いので無理でしたが。

鏡には基本映りません(訓練で映るようになります)

脈はありません。体温も低いです。十字架にも苦手です。

首に手を当ててエナジーを吸い取ることができます。(もろに噛みつき牙を出して生き血を吸ったりはしません)

バラが大好き、紅茶に入れもすれば、そのまま指先からエキスを取って枯らすこともあります。

生きる糧です

ポーツネル男爵夫妻の目的は街に出て、仲間にするものを探すこと。

その合間、エドガーはアランに出会う。

不幸な家庭環境、メリーベルに惹かれていく。

ポーツネル夫人がしくじり、正体がばれてしまう。

メリーベルが標的になり、十字架が拾えないため、銃で撃たれて消えてしまう。

ポーツネル男爵夫妻も馬車に惹かれ消えた・・・

一人になったエドガーはアランを永遠の時に誘う。

ポーの村

グレンスミス・ロングバート男爵が森で狩りをしているとき、

間違えてメリーベルを撃ってしまう。

そしてどこにあるかもわからないというポーの村に連れていかれる。

バラにかこまれた村。

メリーベルに何かあったら許さないとエドガーに脅されるも、メリーベルは元気になる。

グレンスミスは、エドガーに少し血を吸われ、自分の居場所に戻っていった。

グレンスミスの日記

エドガーとアランは学校でグレンスミスの家系の学生に合う。

グレンスミスの家族はことあるごとにポーの村を思い、

ともすれば希望として生きてきた。

争いもなく貧しさもなく絶望もなく永遠を生きられるポーの一族に。

すきとおった銀の髪

これがポーの一族の原点、始まりです。

主役はメリーベル。

14歳の少年がメリーベルに恋をする。

でも 別れの時が来て、エドガーとポーツネル夫妻と一緒にメリーベルは去っていく。

30年後、歳を取った少年はまたメリーベルに会う。

そして歌を思い出す。

『すきとおった銀の髪の少女がいました。そのあまりの美しさに・・・神は少女のときをとめました』

目次