スーパーナチュラル・シーズン1の19~呪われた肖像画

当ページのリンクには広告が含まれています。

ネタバレあります、ご注意ください

目次

登場人物

  • ディーン
  • サム
  • ダニエル
  • サラ
  • イザヤ
  • 絵の中の少女

あらすじ

ニューヨーク・少女の霊

チャリティー・オークションで絵を買ったニューヨークのテレスカ夫婦が

喉をかき切られて殺されるという残忍な事件が起きた。

なんでもないような事件だが、1912年、1945年、1970年と同じような事件が起きていると

父ジョンの手帳に書かれている。

テレスカ夫妻の家にいくディーンとサムだが、家に問題なく、家のものは全てオークションハウスに持って行かれていた。

ディーンとサムはオークションハウスに向かい、経営者ダニエルの娘サラに出会う。

サムとサラが付き合うように仕向けるディーン。

サムはジェシカのことがあってその気になれない。

サラにもらった書類で霊はイザヤ・マーチャント一家の肖像画に取り憑いていると判明。

オークションハウスに忍び込み、絵を盗み出し、燃やして解決!!

サムはすぐにも街を去りたいが、ディーンはサムをもう一度サラと会うように仕向ける。

その時、燃やしたはずの絵がオークションハウスに戻ってきているのを見つけたサム。

サム

おい、なんでだ!!

サラに真実を話し、絵に描かれていた霊廟に一緒にいくと、イザヤの骨壷だけ無かった。

イザヤの遺体が埋められている墓を掘り返し、遺体を燃やした。

今度こそ解決だ!!

用心のために絵も燃やしてしまおうと、サムとサラが屋敷の中に入ると、

絵の中の少女とカミソリがなくなっていた。

屋敷に閉じ込められ、少女の霊に襲われるサムとサラ。

ディーンは少女の髪が縫い込まれているアアンティークドールを燃やしに霊廟に向かう。

急げ!ディーン、サムが危ない!!

ギリギリのところで間に合った。

よかったね〜

絵の中には少女が戻っている。

ディーン

俺が人形燃やして助けてやったのに、礼はいらねーよ

別れ際、熱く抱き合うサムとサラ。

ディーンは嬉しそう。

感想

ジェシカを亡くして未だ立ち直れないサム気遣うディーン。

ディーンのように女の人と遊ぶタイプには見えませんよ、サムは。

でもサラと出会えてよかったね。

目次