スーパーナチュラル・シーズン1の18~魔女(シュトリーガ)

当ページのリンクには広告が含まれています。

ネタバレあります、ご注意ください

目次

登場人物

  • ディーン
  • サム
  • ディーン(子供)
  • サム(子供)
  • ジョン
  • マイケル
  • アッシャー
  • ハイデッカー医師(シュトリーガ)

ディーンの過去

幼いころのディーンとサムが出てきます。

いくつくらいでしょう。

ディーン9歳くらい?サム5歳くらい?(幼稚園児)

4歳違いなんですって。

9歳の子に5歳児の面倒を頼む父ジョン。

ジョン

何かあったらサムを守れ

ディーン

わかってる

サムはといえばディーンの楽しみにしていたチョコフレーク?らしきものを横取りして

ディーンを困らせてるし。

サムが寝てから、気晴らしにゲームセンターに行ってしまうのも無理ないと思うけど、

そのせいでサムがシュトリーガに襲われて危ない目にあい、

ジョンが二人をジム牧師に預けに行っている間に、シュトリーガに逃げられてしまって・・・

ディーンはそのことをずーっと後悔してたみたい。

そしていよいよ『シュトリーガ』との対決する時がやってきた。

魔女(シュトリーガ)との対決

ウィスコンシン州フィッチバーグ

ジョンが送ってきた座標の場所に向かうディーンとサム。

公園には子供がいない。

何人かの子供達が病気で入院しているらしい、何かの伝染病なのか。

疾病管理センターの職員を装い病院に出向く二人。

小児科のハイデッカー医師は原因不明の病気で身体が弱っていくばかりだと。

感染するのは子供だけ。

病気にかかった少女の家の窓枠に、手形を見つける。

ディーンは「シュトリーガ」の仕業だと気が付く。

調べていくと「シュトリーガ」はハイデッカー医師だった。

滞在しているモーテルに住んでいる兄マイケルと弟アッシャーの兄弟。

ディーンは昔の自分と重ねてみている。

アッシャーがシュトリーガに襲われているところをマイケルが見ていた。

ディーンはマイケルを囮にして魔女を退治しようと持ちかける。

魔女を退治すると、入院していた子供達は無事回復。

マイケルは喜んで母とアッシャーのお見舞いに出かけて行った。

感想

ディーンはずーっとサムを守る役目をいいつかっていた健気な少年だったんです。

なんだかんだ言っても自分は我慢しちゃう、いい兄なんです。

ジョンももう少しディーンに優しくしてあげたらって思うのは私だけ!?

目次