スーパーナチュラル・シーズン1の17~死を招く屋敷

当ページのリンクには広告が含まれています。

ネタバレあります、ご注意ください

目次

登場人物

  • ディーン
  • サム
  • エド
  • ハリー
  • クレイブ
  • モーデカイ・マードック(タルパ)

あらすじ

テキサス州リチャードソン ゴーストバスターズ エドとハリーとの出会い

廃屋に4人の男女が肝試しにやってきた。

怖いもの見たさに中に入っていく男女。

幽霊は貯蔵庫にいて女だけを狙う、捕まったらみんな吊るし首にあう

州道を運転しているディーン。

隣で寝ているサムの寝顔を写真にとりスプーンを咥えさるといういたずらを仕掛ける。

二人のいたずら合戦開始。子供みたいね。

地獄の番犬.com サムが幽霊屋敷の噂を見つけたサイト。

幽霊屋敷(ヘルハウス)に入った男女の話は一貫しない、でも言い出したのはクレイブだということだけは全員一致。

クレイブを尋ねると

クレイブ

モーデカイ・マードックという男が自分の娘たちを襲って最後は自殺。その男の霊が幽霊屋敷に取り憑いている

ディーンとサムが幽霊屋敷に入っていく。

その中で2人の男に出くわす。エドとハリー、地獄の番犬.comの管理者だ。

車に乗り込むと大音量で音楽が・・・サムのいたずら。

別の高校生男女のグループが肝試しに幽霊屋敷に来て、中に入った女性が首吊り死体で発見された。

ディーンとサムが幽霊退治に向かうが、

ディーン

塩がきかない。どういう幽霊なんだ。

地獄の番犬.comに新たに書き込みがされていた。

モーデカイは悪魔を崇拝している。犠牲者たちを斧で切り刻んだ後、自分の手首を切った、モーデカイはあの屋敷から出られない。

幽霊の話はレコードショップの店員、クレイブがでっちあげたもの。

ディーン

だったら、あの幽霊はなんなのか!?

サム

タルパかもしれない

1915年チベットの僧侶が、ゴーレムを思いうかべ、強く祈ることで生命を与えた。

サム

サイトを見た1万人が念じたらどうなる?

チベットの印形がクレイブが知らずに書いた印とそっくりだったのだ。

(エドとハリーの会話の中で聖少女バフィーが出てきた。)

エドとハリーに嘘の情報を教えるディーンとサム。

モーデカイは45口径の拳銃込めた特別な鉄の玉を怖がる

今度こそ退治をしようと幽霊屋敷に向かう二人だったが、エドとハリーに出くわし、サイトがダウンして新情報が伝わっていないことを知る。

銃では倒せないので、家ごと燃やして一応退治。

サム

人の念が一番怖い

最後にエドとハリーにいたずらを仕掛けていた二人。

ハリウッドの大物なりすましたのはサム、死んだ魚を車に置いだのはディーン。

次の街に着くまで二人は休戦を誓うのだった・・・続く

感想

ディーンとサムのいたずら合戦。

ディーンはサムの洗剤に何かを混入させ、サムはビールに接着剤。

この二人、まるで子供・・・仲がいいのか悪いのか・・・

怪物退治している時はかっこいい大人なのに。

さて、このエドとハリーのゴーストバスターお二人は、また登場するみたいですよ〜

ディーンとサムの邪魔だけはしないでね。

目次