グリム・シーズン1の3~警告(ヘクセンビーストと女王蜂)

当ページのリンクには広告が含まれています。

ネタバレあります、ご注意ください

公式サイト

上記サイトより引用あり

3話目

ヘクセンビースト(魔女)のアダリンド・メリファー(女王蜂)のメリッサ

どちらも化け物。

でもアダリンドは助け、メリファは退治することになる。

女王蜂よりも魔女の方がずるがしこいということになるのでしょうか。

グリム童話の蜂の女王(ミツバチの女王)より。

『彼女にやさしく刺されると-死ぬまで気が付かない』

目次

登場人物

  • ニック
  • モンロー
  • ハンク
  • ジュリエット
  • ショーン警部
  • アダリンド・シェイド(ヘクセンビースト)
  • 養蜂家・スピナー教授
  • シェロ&コールマン・蜂男(メリファー)
  • メリッサ・女王蜂(メリファー)
  • セリーナ&カミラ弁護士(ヘクセンビースト)

あらすじ

怪物退治

バスの中でフラッシュモブ。

残された女性が蜂に刺されて死んでいた。

蜂毒を注入されたようだ。

ダンサーの中に怪しい男がいた・シェロとコールマン(ニックには蜂に変身する姿が見えた)

古い製紙工場で怪しい男と女と密会をしているところを見たニックとハンクは蜂の大群に襲われる。

モンローと夜、再度製紙工場、その後所有者(メリッサ)の自宅に忍び込む。

巨大な蜂の巣発見。

またフラッシュモブで殺人。

襲われたのは同一の訴訟に携わった弁護士事務所の女性。

その同僚にアダリンドがいた。

アダリンドの保護を命じられる。

先に殺された二人にはヘクセンビーストの印が残っていた。

メリファーの天敵はヘクセンビースト

アダリンドを保護しているホテルの部屋に蜂の大群が襲ってきた。

逃げるアダリンド。

追うニック。

地下にたどり着くと、そこには大量のハチの巣があり、女王蜂・メリッサがいた。

アダリンドを殺そうとしていたのでやもなくニックが、メリッサを撃つと、死ぬ間際に『彼がもうすぐ来る、用心して』と言い残す。

グリム一族の進捗

ニックは、アダリンドがヘクセンビーストだと知る。

グリムがヘクセンビーストを殺すのは宿命だけれど、現実には刑事が一般女性を殺害すると犯罪になってしまう。

感想

ニックはメリッサを殺したくはなかった。

アダリンドを助けたくはなかった(マリー叔母さんの仇だから)

刑事とグリムの矛盾と葛藤。

夜、自宅でに蜜蜂に刺されるニック。

女王蜂を殺された蜜蜂の復讐なのでしょうか。

虫は・・・嫌いです。

目次